保証制度とアフターケア

保証制度とアフターケア

施主様に安心してリフォーム・リノベーションをして頂けますよう、リフォシーでは工事中及び引渡後の様々な特約や保証を ご用意しております。

MENU

保証制度とアフターケア

施主様に安心してリフォーム・リノベーションをして頂けますよう、リフォシーでは工事中及び引渡後の様々な特約や保証を ご用意しております。

特約一覧表(TH工事総合補償制度に自動付帯される特約です)

請負業者賠償責任保険
特約名称 補償内容
管理下財物損壊担保特約 対象工事遂行中、管理下財物(リース建機、支給資材、現金・貴重品等を除きます。)の損壊に起因する法律上の損害賠償責任を補償します。
事業用施設危険担保特約 事業用施設および施設内の昇降機の所有、使用または管理の用法に伴い、付随業務による対人・対物事故に起因して生じた法律上の損害賠償責任を補償します。
生産物賠償責任保険
特約名称 補償内容
生産物自体の損害担保特約
〔1事故あたり500万円限度 免責5万円〕
生産物賠償責任保険事故が生じた場合、当該生産物自体の損害を補償します。
生産物引取費用担保特約
〔1事故あたり500万円限度 免責5万円〕
生産物賠償責任保険事故が生じた場合、当該生産物自体の引取費用を補償します。
請負業者・生産物賠償共通
特約名称 補償内容
初期対応費用担保特約
〔1事故あたり500万円限度 免責5万円〕
見舞品・見舞金(香典を含む)は1事故において身体障害を被った者1名につき10万円を限度とします。
法律上の損害賠償責任の有無が十分に判明しない段階であっても社会通念上妥当と考えられる初期対応費用を補償します。
  • 事故現場の取り片付け費用
  • 事故現場の状況や原因の調査、記録、撮影保存費用・被保険者の使用人を事故現場に派遣するために必要な交通費等
  • 対人事故が発生した場合、社会通念上妥当と考えられる被害者への見舞金・見舞品
訴訟対応費用担保特約
〔1事故あたり500万円限度 免責5万円〕
第三者から日本の裁判所に提起された場合、下記の事項のために必要な社会通年上妥当な費用を補償します。
  • 事故原因の調査費用、意見書、鑑定書作成費用等応訴のために必要な費用
  • 外部の実験機関に委託して行う事故の再現実験費用等
人格権侵害担保特約
〔1名あたり30万円限度 1事故あたり1000万円限度 免責5万円〕
保険期間中に業務において、不当な行為により名誉・プライバシーの侵害を与えたことによる法律上の損害賠償責任を補償します。
建設工事保険
特約名称 補償内容
メインテナンス期間に関する特約
(フルメインテナンス)
メインテナンス期間中に発生した、保険の目的の設計、材質または工場製作の欠陥およびその引渡前の工事中の施工の欠陥などに起因する不測かつ突発的な事故によって、 引渡の完了した保険の目的に生じた損害を補償いたします。
※メインテナンス期間は、保険の目的の引渡の時から、請負契約上の保証責任が終了するときまで(最大12ケ月)をいいます。
水災危険担保特約 高潮、洪水、内水氾濫または豪雨による土砂崩れもしくは崖崩れによって保険の目的に生じた損害を補償いたします。
雪災危険担保特約 豪雪、なだれ等の雪災(融雪こう水を除きます。)によって、保険の目的に生じた損害を補償いたします。
風、雨等の漏入による損害担保特約 不測かつ突発的な風、雨、ひょうもしくは砂じんの吹き込みまたはこれらのものの漏入によって保険の目的に生じた損害を補償いたします。
特約火災重複危険免責特約 特約火災重複危険免責特約

損害補償プラン

工事中
補償内容 事故補償例
  1. 建設工事保険
    保険期間中に火災、台風、盗難、作業ミスなどの不測かつ突発的な事故によって、対象工事の工事の目的目的や 工事用仮設物などに生じた物的損害を補償します。
    ●支払の限度額
    1回の事故につき、保険金額(工事の請負金額) を限度とします。 ただし、土木工事を主体とする工事のうち、補償の対象となる外構(工クステリア) 工事につきましては、 1 回の事故につき1000万円が限度となります。
    ●免責金額(自己負担額) 火災・落雷・破裂・爆発 なし
    その他 5万円
  2. 水災危険担保特約付動産総合保険
    (現場外建物内資材対象)
    日本国内において資材倉庫等工事現場外の建物内に保管中およびそれらの建物から各工事現場までの運送中の建築用材料が 、火災、作業ミス、盗難、洪水・ 高潮等の水災等の不測かつ突発的な事故で損害を受けた場合、補償します(工具、機械類は対象外)。
    ●保険金額(ご契約金額)1事故につき200万円
    ●免責金額(自己負担額)1事故につき5万円
    ※建築資材の在庫高が200万円であるという前提で保険金額を設定しております。実態が上記条件と合致しない場合には、取り扱い代理店にご照会ください。
  3. 請負業者賠償責任保険
    対象工事の遂行等に起因して、保険期間中に第三者の身体・生命を害したり財物を損壊したことについて、 法律上の賠償責任を負担することにより被る損害を補償します。
    ●1名および1事故あたり支払限度額対人・対物合算で1億円
    ●免責金額(自己負担額)1事故につき5万円


    ※グッドリビング友の会工事保険より抜粋

  1. 建設工事保険(建築中建物、現場内資材等対象)
    (1)建築中の建物から出火。
     建築中の建物から出火。
    (2)風呂場の施工中浴槽に傷を付けてしまった。
     風呂場の施工中浴槽に傷を付けてしまった。
  2. 動産総合保険 (倉庫内等資材対象)
    倉庫内に保管中の資材が盗難にあった。
     倉庫内に保管中の資材が盗難にあった。
  3. 請負業者賠償責任保険
    (1)建築中に作業道具を2階から落とし、駐車中の他人の車を損傷。
    (2)工事中、事務所の看板が落下し通行人にケガをさせた。
     請負業者賠償責任保険
引渡し後
補償内容 事故補償例
  1. 生産物賠償責任保険
    工事物件の引渡し後に、施工ミス等によって保険期間中に第3者の身体・生命を害したり財物を損壊したことについて、 法律上の賠償責任を負担することにより被る損害を補償します。
    ●1 名および1事故あたり支払限度額 対人・対物合算で1億円
    ●保険期間中の支払限度額対人・対物合算で1億円
    ●免責金額(自己負担額)1事故につき5万円
  2. 建設工事保険(メインテナンス期間に関する特約(フル・メインテナンス)
    メインテナンス期間中に、不測かつ突発的な次に掲げる事故(保険期間中に生じた事故に限ります。) によって、引渡しの完了した保険の目的に生じた損害を補償いたします。
    (1)工事の請負契約書に従って行う修補作業中に生じた修補作業の拙劣または過失による事故
    (2)保険の目的について、その引渡前の工事期間中に工事現場において発生した施工の欠陥に起因する事故
    (3)保険の目的の設計、材質または工場製作の欠陥に起因する事故
    ※メインテナンス期間は、保険の目的の引渡の時から、請負契約上の保証責任が終了するときまで(最大12ケ月)をいいます。


    ※グッドリビング友の会工事保険より抜粋
  1. 生産物賠償責任保険
    (1)工事ミスが原因で取り付けた階段の手すりが外れたために、施主様が階段を踏み外し大ケガ。

    (2)カーポートの取付作業が不完全だったため、屋根が落ちてお客様の車に傷をつけてしまった。
    対人・対物事故と同時に発生した原因となった作業対象部分自体の損壊も補償対象となります。

    (3)給排水管の取付ミスにより、水が漏れ、壁が、汚福した。
  2. 建設工事保険
    (メインテナンス期間に関する特約)
    施工ミスが原因でベランダが崩れ、修復費用がかかった。

    (引き渡し後請負契約上の保証責任が終了するときまで(最大12ヶ月)に負う保証責任に限ります。)

▲TOPへ戻る