専門用語集

留め接ぎ
[とめつぎ]

留め接ぎとは、木口同士の接合で、とくに木口を外面に出さない方法。枠組や箱組の接合に用いるもので、雇い核(やといざね)や薄板を留め端に挽き込むなどの補強が必要となる。雇い核(やといざね)平留め接ぎや挽込(ひきこみ) 留め接ぎはその例。機械加工接合では太枘を用いた太枘差留め接ぎが多い。留め接ぎ【とめつぎ】

50音順

た行


リフォームサイドナビゲーション