専門用語集

ダイニングテーブル
[だいにんぐてーぶる]

ダイニングテーブルとは、食卓のことで使用人数に対応した寸法であることが選定のポイント。一般に一人当たり約60×45cmくらいであるが、近年では大きめのものか、甲板が拡張するエクステンションテーブルが多様されている。甲板が拡張されるテーブルはほかに、甲板の両端の半円型を折りたたみ式にしたバタフライテーブルやドロップリーフテーブル、同式で拡張部分の甲板を支える脚が框(かまち)状で折りたたみとなっているゲートレッッグテーブルなどの形式がある。食卓と居間のテーブルを兼ねた低目のテーブルはリビングダイニングテーブルと呼ばれている。ダイニングテーブル【だいにんぐてーぶる】

50音順

た行


リフォームサイドナビゲーション