専門用語集

ツーバイフォー
[つーばいふぉー]

ツーバイフォーとは、木造の枠組壁工法のこと。主用材の名称から「ツーバイフォー」と呼ばれている。北米で普及し、戦後日本にも移入された。2”(インチ)×4” (インチ)断面の材を釘打ちして枠(フレーム)を組み、これに構造用合板を張って壁を造る。木材は2”×4”の他、2”×6”、 2”×8”などの規格材が使用され、在来構法よりコストダウンが可能だが、使用量は多い。木材の加工が単純で、接合は釘や専用金具を用い、施工が容易。構造強度が高く、気密性が高いなどの特長がある。ツーバイフォー【つーばいふぉー】

50音順

た行


リフォームサイドナビゲーション