専門用語集

尺杖
[しゃくづえ]

尺杖とは、刻みや造作は複数の大工で行うので、寸法取りの間違いを防ぐために、大工棟梁が設計寸法を刻む原寸定規。長さ13尺、断面一寸角程度で、横杖と堅杖があり、それぞれ平面寸法と矩寸法が刻まれる。単なる定規は間杖という。尺杖【しゃくづえ】

50音順

さ行


リフォームサイドナビゲーション