専門用語集

数奇屋造
[すきやづくり]

数奇屋造とは、草庵風の茶室の意匠を取り入れた住宅の様式をいう。面皮柱や土壁を用いた無装飾で格式にこだわらない意匠を特徴としている。代表的な建築物には桂離宮がある。数奇で自由な意匠の中には派手で華美な造りもあり、西本願寺飛雲閣や金沢城成巽閣などはその例として知られている。数奇屋造【すきやづくり】

50音順

さ行


リフォームサイドナビゲーション