専門用語集

書院造
[しょいんづくり]

書院造とは、近世初頭の安土・桃山時代に完成した武家特有の住宅様式。平安時代からの寝殿造を原形に主殿と呼ばれた広間を中心とした初期書院造と呼ばれる主殿造を経て完成した様式で、畳の敷き詰め、障子や襖、遣り戸(やりど)、欄間(らんま)などの造作と床の間、書院、帳台構などの座敷飾を特徴としている。書院造【しょいんづくり】

50音順

さ行


リフォームサイドナビゲーション