専門用語集

寝殿造
[しんでんづくり]

寝殿造とは、奈良・平安時代の貴族(公家)の住宅様式。1町(120m)四方の地割を基準に、主人の居所である寝殿(正殿)を中心に左右と後に家族の住まいの対屋、前(南)の池に釣殿・泉殿を対照的に配し、渡り廊下で結んだ左右対称の配置を原則とした。同形式をもつ代表的な建物には京都御所の正殿の紫宸殿や清涼殿がある。寝殿造【しんでんづくり】

50音順

さ行


リフォームサイドナビゲーション