専門用語集

C値
[Cち]

C値とは、物の気密性能をあらわす値のこと。延床面積あたりのすき間面積のことで、ゼロに近いほどすき間が少なく、気密性能が高い。
建物全体の総相当すき間面積を実質床面積で割ったもの。測定は実際に建てられた建物で行い、総相当すき間面積は気密測定機械によって測定される。単位はC m/m2で、室内と外気の気圧差が9.8Pa(=1mmAq)時に、どれだけの空気が室内から外部に流出するのかを、住宅の床面積で割って算出する。次世代省エネルギー基準では、熱損失係数Q値の基準値を制定しているが、C値はQ値を算出するために、もととなる指標としてとらえられている。C値【Cち】

50音順

さ行


リフォームサイドナビゲーション