専門用語集

ビザンチン&ロマネスク文化
[びざんちん&ろまねすくぶんか]

ビザンチン&ロマネスク文化とは、ビザンチン文化は古代ローマ帝国が東西に分裂した4世紀末からコンスタンチノープルを首都とする東ローマ帝国が滅びる15世紀中頃までのキリスト教文化、ロマネスク文化は10世紀末から12世紀にかけて西ヨーロッパで栄えたキリスト教文化をいう。

ビザンチン文化の代表的建造物はイスタンブールの聖ソフィア寺院やベネチアの聖マルコ寺院で集中式と呼ばれるバシリカ形式による協会建設に特色があった。
ロマネスク文化では古代ローマ文化に各地の地方性が加味された石造建築に特徴があるが、とくに有名なのは斜塔のあるピサ大聖堂である。

50音順


リフォームサイドナビゲーション