専門用語集

民家造
[みんかづくり]

民家造とは、江戸時代中期になり経済力をもつ地方の名主クラスでは、各地方特有の民家を完成させた。それらの間取りの基本となったのは、台所や作業場としての土間、生活の中心となる居間である囲炉裏(いろり)の間、寝室の寝間、接客や家主のための座敷の奥の間を田の字型に配置したものであった。一方、町家では2階屋が普通となり、防火のための塗籠壁をもった塗屋造も多くなった。民家造【みんかづくり】


リフォームサイドナビゲーション