専門用語集

益子焼
[ますこやき]

益子焼とは、江戸末期、大塚軽三郎により開窯、茶色の鉄軸をかけた摺鉢やカメの大物雑器で有名、今日では湯呑や皿、花瓶の日常雑器と民芸陶器で知られる。益子焼【ますこやき】


リフォームサイドナビゲーション