専門用語集

木曽漆器
[きそしっき]

木曽漆器とは、17世紀に起源、ヒノキやカツラを木地とした日用漆器が中心。木肌を生かして漆を摺り込む春慶塗や斑模様の変わり塗、異色の漆で塗り分ける呂色(ろいろ)塗が特色。木曽漆器【きそしっき】

50音順

か行


リフォームサイドナビゲーション