専門用語集

N値
[えぬち]

N値とは地層の硬軟を示す値です。ボーリングする際の標準貫入試験においてに重さ63.5kgのハンマーを75cm自由落下させて試験用サンプラーを、30cm土中に打ち込むのに要する打撃回数をN値という。この値が大きくなるほど地層は硬い。関東ローム層のN値は3〜5程度であり、軟弱な沖積粘性土は0〜2程度である。中高層建築物の基礎は、一般にN値30〜50以上を支持層としている。

50音順

あ行


リフォームサイドナビゲーション