R'Fosy Blog

お客様と共にリフォームを楽しむ


受付開始

12.01.29



となりましたね。
復興支援住宅エコポイント。

弊社でも、早々に申請させて頂く物件が
2件程ございます。

震災から、早くもあと1ヶ月強で1年を向かえますね。
本当に、あっという間でした。
東北から離れた関西に住む自分には
昨日のことのように感じますが、
実際に被災地の方々の心境はどうなのでしょう。

沢山の感情の中で、あっという間だと感じるのか
まだ一年しか経っていないのか、と、感じるのか
想像を絶します。

前回のエコポイント同様、今回のエコポイントでも
多くの申請物件が見込めることと思います。
このエコポイントは、“復興支援”と名のつく通り
確実に被災地の力になれるのだと思います。

少しづつでも、その力が目に見える時が来たなら
とても嬉しいことですね。

(スタッフ/長井)

管理者|16:23|最新情報記事全文

イベントのご案内

12.01.21



1月も後半ですね。
本日もあいにくの空模様です。

と、言っているうちに
本年もリフォーム相談会を行います。

開催日は2月3日(金)4日(土)の2日間です。
間もなくですね。
詳細はイベント情報をご覧下さい☆

今年は来週から受付開始を向かえる
復興支援住宅エコポイントや、それに伴うリフォーム瑕疵保険等
新しいキーワードも増えておりますので
プランや御見積はもちろんですが
これらも、気になること等お伺い出来ればと思います。

お問い合わせ、ご予約は先着順ですので
皆様奮ってご参加下さい。

ぜひ、お待ちしております。

(スタッフ/長井)

管理者|14:03|最新情報記事全文

住宅耐震、簡易改修も助成 新年度に京都市が創設予定。

12.01.15

京都市は民間木造住宅の耐震化が進まない現状を踏まえ、耐震性能が向上する簡易な
改修工事にも費用助成する制度を新年度に創設するそうです。

現在、震度6強の地震にも耐えられる補強工事に対して費用の一部を助成する
「木造住宅耐震改修」制度を設けられておりますが、
耐震診断の受診件数は237件(4〜11月末)と多く。
震災の影響もあり前年同期の2・1倍となっているますが、
しかし耐震補強工事に着手した件数は19件だけです。
これは完全な耐震性を備える改修は費用が高くなってしまうのと、
建築基準法に適応する内容など補助金を活用した改修は難しいのが現状です。
でも今回の内容は完全な耐震化に至らなくても、安い費用で耐震性能が高まる
工事について補助金を活用できそうな内容です。

下記 京都市情報館抜粋

木造住宅の耐震改修工事について以下のとおり助成を行います。

1.対象となる住宅
昭和56年5月31日以前に着工された木造住宅(店舗等との併用住宅及び空き家を含む。)

2.対象者及び施工者
対象者は,住宅の居住者(借家人を含む。),住宅の所有者とする。
施工者は,京都市内の事業者に限る。

3.対象工事及び助成額
建物の健全化や屋根の軽量化など,耐震性が向上する様々な工事を予めメニュー化し,このメニューに該当する工事(付帯工事を含む。)を助成対象とする。
なお,より使いやすい制度とするため,メニューの拡充について引き続き検討を進める。助成額は,複数工事の組み合わせを可能とし,工事費用の90%,上限額は60万円とする。
 
4.手続
工事着工前に窓口審査を行い,即日受付書を交付し,その日から工事を行っていただくことを可能とする。工事完了後,補助金の交付申請を受け付ける。
補助金交付申請にあたっては,写真や書類によって審査を行い,適宜現場検査を実施する。

また事前に耐震診断を必要としないなど、申請手続きも簡素化されるそうです。
申請日から着工可能で、以前は工事着工まで約3.5〜4.5カ月かかっておりましたので。

これにより、耐震の補助金を活用したリフォームのご提案がより高まれば、
いいのですが、今後、京都市では、今年注目の助成制度ですね。

情報を今後追っていきたいと思います。笹井

管理者|18:54||記事全文

2012冬
リフォーム会社を選ぶ本

12.01.13

 

関西版リフォーム会社を選ぶ本
一戸建ての実例レポートに掲載致しました。

間仕切られた和室中心のお部屋を広々と明るく
御施主様好みのナチュラルで
可愛らしい雰囲気に仕上がりました。

やはりリフォームは、お住まいになられてから
活きてくるものだと改めて実感致します。

御施主様のお好みを、よくよく理解することに
努めなければいけませんね。

さて、イベント情報にも掲載致しましたが
2月3日(金)4日(土)と相談会を開催致しますので
奮ってご参加頂ければと思います。

相談会では、お悩みやご希望を
よくよく理解することに努めて参ります。

(スタッフ/長井)

管理者|10:16|最新情報記事全文

復興支援エコポイント
交換商品

12.01.08



昨年末から、ちらほらと交換商品の内容が見えてきましたね。

今月25日から受付が開始される
復興支援住宅エコポイントでは
交換ポイント数の半分までは、即時交換及び
エコ商品との交換、残り半分以上は復興支援商品との交換
と、配分が決まっています。

第一次交換商品募集選定結果では、復興支援商品として
岩手前沢牛サーロインステーキや喜多方ラーメン
被災地を起終点とし、宿泊を伴う旅行との引換商品券などが挙がり
エコ商品として、一定の省エネ性能を有する家電製品や電動自転車
エコカーの購入に使用できる金券などが挙がっています。

まだまだ内容が濃くなっていくと思いますので
今から選ぶのが楽しみになりますね。

個人的には喜多方ラーメンが好きなので魅力的です。
今まで知らなかった、東北の名産を体験出来るチャンスですね。

(スタッフ/長井)

管理者|09:45|最新情報記事全文


リフォームサイドナビゲーション