R'Fosy Blog

お客様と共にリフォームを楽しむ


京都リフォームによる固定資産税額の軽減

09.10.22

京都リフォームによる固定資産税額の軽減があります。昭和57年1月1日以前から所在する住宅について、平成18年1月1日から平成27年12月31日までの間に、現行の耐震基準に適合させるよう1戸当たり30万円以上の耐震改修工事を施した場合、改修住宅の床面積120uまでの部分の固定資産税額の2分の1が減額されます(工事完了後の翌年の1月1日を賦課期日とする年度から最大3年度分)。軽減に関して詳しくは京都市役所固定資産税課へ。

管理者|20:20|リフォームによるおすすめ情報


リフォームサイドナビゲーション